コンプレックスあっても風俗は使いやすい。

自分の身体にコンプレックスを持っている方も多いのではないでしょうか。僕はぶくぶくと太ってしまった自分の身体がコンプレックスです。お腹は空くし、食べないといけないという使命感のようなものがあって、ついついたくさん食べてしまうんですよね。それでいて、全然運動しないから、お腹もかなり出てきてしまいました。そんな体型だと彼女ができるわけもなく、結局今まで何もしてこずに生きてきました。そんな僕が先日風俗嬢とプレイした時、コンプレックスについては何も触れられませんでした。もっと風像嬢ってズカズカと言ってくるのだと思ってました。しかし、驚くほど普通にスルーされたんです。「僕の太った身体を見て、おかしいと思いませんか?」と聞くと「全然思いませんよ。だってそういうお客さんたくさん来るもん」と彼女。なるほど、風俗だったら僕はコンプレックスを感じる必要はないってことですね。とにかく使えて良かったし、また風俗に行きたいって思いました。

ペニバン風俗超絶アナル体験。

僕のアナルは先日で終了しました。今まで締まりが良い自慢のアナルだったのですが、風俗嬢にペニバンで刺激されて破壊されてしまったのです。アナルが痛いということはないですが、あんなに激しく疲れたらアナルが馬鹿になっても仕方ないですね。もちろん普通の機能は使えるのですが、自分のアナルが常に開いた状態のような感覚になっています。実際は開いていないし、普通にトイレも我慢できます。しかし、アナルがユルユルになったという錯覚があるんですよね。風俗嬢はぺ二バンを使って、僕のアナルをドニュドニュと刺激しまくってきたのです。こんなにもアナルって広がるだねってくらい広がってました。お腹が圧迫されて苦しい感覚もある一方、なんか不思議な快感という感じでした。アナルが壊れてしまう感覚がありますが、ペニバンプレイは結構良いと思います。興味があるという方は、一度は風俗でやってみると良いと思います。きっとアナルがユルユルになるでしょう。